放射線治療にはどんなものがあるの?

放射線の種類と方法

  1. 「外部照射」は、放射線を体の外側からがんにあてる治療法です。
    照射時間は数分間のため、通院で治療を受けるのが一般的です。
  2. 「小線源治療」は、放射線を体の内側からがんにあてる治療法です。
    放射線源を体内に入れ、治療が終わると取り出します。

放射線療法には、放射線を体の外側からがんにあてる「外部照射」と、体の内側からあてる「小線源治療」の2種類があります。

「外部照射」で使われる放射線は、X線やガンマ線などの電磁波、電子線のほか、陽子線を使う場合もあります。下の表に特徴をまとめてみました。

治療前に、がんの種類や治療の目的に合わせて、しっかりと計画(放射線をあてる場所や方向、量、回数など)を立てます。照射時間は数分間のため、通院して治療を受けるのが一般的です

「小線源治療」では、放射線の源(みなもと)を体内に入れ、治療が終わると取り出します。体内には手術で線源を入れる場合と内服や注射する場合があります。

X線やガンマ線など
(レントゲンで使われるものと同じ)
作用が強く、様々な照射法があり、現在の放射線治療の中心となっている。
電子線
(マイナスの電気をおびた小さな光の束)
皮膚に近い場所にあてて治療する。
陽子線
(プラスの電気をおびた小さな光の束)
がんのある場所でもっとも作用が強くなるように調節ができる。
  • 「外部照射」で使う装置
  • 「小線源治療」で使う放射線の源

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ