免疫療法ってどんな治療?

がん免疫療法について

  1. 免疫療法とは、病気を防ぐ働きや一度かかった病気になりにくくする働きといった、体がもともともっている働き(免疫)を利用した治療です。
  2. がん免疫療法には、がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)にかけられているブレーキを解除したり、その働きをさらに強めたり、またそういった細胞の数を増やす方法などがあります。
  3. 免疫チェックポイント阻害剤は、その治療効果が科学的に証明された治療法であり、保険診療の適応となるがんの種類も拡大しています。
  4. 一方で、免疫チェックポイント阻害剤を含むがん免疫療法には、これまでのがん治療では経験したことのない副作用が出る可能性があり、その発現時期や発現部位に関する情報やその予測は今後の課題でもあります。

がん免疫療法には様々な治療法がありますが、治療効果が科学的に証明され保険診療の対象となり、診療ガイドラインにおいて標準的な治療法として記載されている治療法と、そうでない治療法があります。主治医によく相談した上で、治療を受けるようにしましょう。

主ながん免疫療法について、下の表にまとめてみました。

イラスト:がんを小さくする作用をもつ細胞が、がん細胞を攻撃
がんを排除する作用をもつ細胞が、がん細胞を攻撃する。

免疫チェックポイント阻害剤 がん細胞が、がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)にかけているブレーキを解除する。
共刺激分子に対するアゴニスト抗体 がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)を活性化する分子(共刺激分子)の働きを強くする。
がんワクチン療法:
がんペプチドワクチン、樹状細胞ワクチンなど
がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)が強く働くようにする。
エフェクターT細胞療法:
キメラ抗原受容体(CAR)遺伝子導入T細胞輸注療法など
がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)を体外に取り出し、がんを認識する遺伝子を入れて増やしてから再び体内に戻す。
サイトカイン療法:
インターフェロンなど
がんを排除する作用をもつ細胞(T細胞など)が強く働くようにする。
BRM療法(生体応答調節剤療法):
免疫賦活剤(BCG)など
外科療法、薬物療法、放射線療法などで、免疫が弱まった場合、免疫を強める。

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ