代替医療って何?

代替療法について

  1. 体に備わっている自然に病気を治す力を強くすることで、がんやがんに伴う症状をやわらげる治療法です。
  2. 漢方薬、食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸などといった治療法があり、がんを治すことを主目的としていません。
  3. 代替療法を受ける場合は、主治医と体の状態をよく相談した上で、治療を受けましょう。

代替療法とは代替の言葉が示すとおり、「通常医療の代わりに用いられる治療法」で、体に備わっている自然に病気を治す力を強くして、がんやがんに伴う症状をやわらげようとする治療法です。

漢方薬、食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、運動療法、心理療法・心身療法といった治療法がありますが、現状、代替療法だけで、がんを治すことはできません。

海外では、効果や安全性を科学的な方法で評価し、三大療法を補う治療法として、医療現場で成果を上げているものもあるようです。日本では、どの代替療法が有効なのか、また代替療法自体が本当に有効なのかコメントできるだけのデータがない状況です。今後は十分なデータのもと、海外のように科学的な方法で代替療法の有効性の評価がなされていくことが望まれています。

なお、代替療法を受けたい場合には、現在受けている治療と一緒に行うとよくない場合もありますので、主治医とよく相談した上で、治療を受けるようにしましょう

有効性が示唆されている代替療法

がんの進行を遅らせる
ビタミンEのサプリメント 前立腺がん
症状をやわらげる
鍼灸 薬物療法に伴う吐き気や嘔吐、がんや治療に伴う痛み
マッサージ リンパ浮腫、不安、吐き気

関連リンク

ページトップへ