どんな治療方法があるの?

がんの治療は千差万別、すべてを知るには時間と労力が必要ですが、自分に合った治療法が必ずあります。

概論

  1. 外科療法、薬物療法、放射線療法はがんの三大療法と呼ばれています。
  2. がんの治療は、3つの治療法から、最適なものを選んだり、組み合わせたりして行います。
  3. 治療法ごとに体への負担は異なるので、専門医に準備や心構えなどをご相談してみましょう。

がんの治療には大きく分けて外科療法、薬物療法、放射線療法の3つがあり、これらをまとめてがんの三大療法と呼んでいます。

がんの三大療法

  • 外科療法
    手術によってがんを取り除く
  • 薬物療法
    薬によってがんを小さくし、また、大きくなることを抑える
  • 放射線療法
    放射線を利用して、がん細胞を減らし、また、増えることを抑える

がんの種類、大きさなどにより、この3つの療法の中から一番よい治療法を選んだり、組み合わせたりして、治療が行われます。治療法ごとに主な留意点を以下にまとめました。準備や心構えなど専門医としっかり相談しましょう。

外科療法

手術を行うと体に負担がかかるので、適度な運動を行い、体力を養って手術に備えましょう

薬物療法

安心して治療を受けるために、薬のこと、副作用のことをよく知りましょう

放射線療法

放射線を照射すると、皮膚に炎症がおこることがあるので、皮膚への刺激を避けるよう工夫しましょう

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ