外科療法(手術)ってどんな治療?

外科療法とは

  1. 手術によりがんの治療を行うことです。
  2. がんを完全に、また、部分的に取り除き、治療効果を高めるために他の治療法(薬物療法や放射線療法)と組み合わせて行います。
  3. より高い治療効果を目標とする「集学的治療」では、外科療法は中心的な役割を担っています。

外科療法とは、手術によりがんの治療を行うことです。目的は、次のとおりです。

  • がんを完全に、または、部分的に取り除く
  • 治療効果を高めるために他の治療法(薬物療法や放射線療法)と組み合わせて行う

目に見えない小さながん細胞まで含めて、すべて取り除くことができたら、がんは完全に治ったことになります。そのため早期のがんでも、取り残しがないように、周囲の正常な部分も少し含めて大きめに切り取ります。がんが大きくなっている場合は、他の場所に移動してしまっていること(転移)も考えて、さらに周囲のリンパ節なども含めて切り取ります。

こうして、がんを取り除いた上で、手術後に、薬物療法や放射線療法を組み合わせた治療を行うことがあります。

こういった種類の違う治療法を組み合わせ、治療効果を高める治療を「集学的治療」と言います。

外科療法は、がんを体内から直接取り除くことができるため、より高い治療効果を目標とする「集学的治療」の中心的な役割を担っています

手術の種類

  1. 手術では、がんだけでなく、周囲の正常な部分も少し含めて大きく切り取ります。
  2. 切り取る範囲をできるだけ小さくする手術も行われています(再発・転移に関して影響がないと判断された場合)。

外科療法では、がんを完全に取り除くために、がんと一緒に周囲の正常な部分も少し含めて大きく切り取ることが一般的です。しかし、乳がん手術などでは、患者さんの希望もあり切り取る範囲をできるだけ小さくする手術も行われています(再発・転移に関して影響がないと判断された場合[早期がんの場合])

手術と言えば、麻酔をかけて胸やお腹を切って開ける方法がすぐに思いうかびます。治療技術や手術器具の向上で、以前に比べ傷跡はだいぶ小さくてすむようになりました。

胃がんの内視鏡手術

図:胃がんの内視鏡手術

内視鏡手術
内視鏡を胃の中にあるがんのところまで入れて、その根元に体液と同じ濃さの塩水を注射して水ぶくれを作り、うきあがったがんをリング状のワイヤで切り取る。

また、コンピューター技術の進歩により、胸やお腹を開けずに内視鏡を用いてがんを切り取る手術なども行われています。

内視鏡には、口または肛門から入れて胃の中や腸の中をみるものや、胸やお腹に小さな穴を開けて、そこから胸やお腹の中をみるもの(腹腔鏡と言います)もあります。

もともとは、体内を観察するために使用されていましたが、体への負担が少ないことから、近年、手術にも用いられるようになりました。

粘膜(胃や腸などの内臓器官の内側にある膜)やその周囲にがんがとどまっている、早期がんの場合に内視鏡手術が行われています。

また、腹腔鏡手術では、通常の手術のように、がんを切り取ることができるために、がんが進行している場合でも行うことができます。そのため、がんの種類によっては、進行がんの場合に、腹腔鏡手術が行われることがあります。一部の臓器ではロボットを使った手術も行われています(ロボット手術)。

こういった器具の登場で、痛みも少なく、傷跡もほとんど残らない治療ができるようになってきました。

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ