情報収集に役立つツールって何?

情報収集に役立つツール

  1. 検索サイトを活用して積極的に情報を集めましょう。
  2. 無料で使える辞書や翻訳サービスを利用して、海外のウェブサイトからも情報を得てみましょう。
  3. 英語の論文全体を読まなくても、キーワードを見つけることで日本語の情報を探し出せる場合があります。

インターネットで情報を集める際には「Google」「Yahoo!」などの検索サイトの利用が欠かせません。

検索語を入力する際には、がん、ガン、癌、膵臓がん、膵がんなど表記(漢字、かな)や言葉の使い方で検索結果が変わってきます。複数の方法で検索してみましょう。
同じ言葉を検索しても「Google」と「Yahoo!」では表示結果が異なります。ときには複数の検索サイトを使ってみましょう。

また、書籍を検索する際には、「Amazon」や「紀伊國屋書店ウェブストア」などの書店サイトだけでなく、「想-IMAGINE Book Search」のように、特定のキーワードに関連する書籍を検索してくれるサービスも活用してみましょう。

この「がん情報ガイド」には、良質な情報をお届けするために、検索エンジン機能「がん情報の検索」があります。この機能を使って、関連リンクで紹介しているウェブサイトの情報全体から、病気別や項目別など、さらにくわしい情報を取り出したり、キーワードから参考になるウェブサイトや記事を見つけたりすることもできます。ぜひ、活用してみましょう。

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ