主治医と上手にコミュニケーションしたい。

医療者とのコミュニケーション

  1. 病気の状態や治療経過などを、簡単なメモにまとめてみましょう。
  2. 先生と意見が食い違うことがあっても、落ち着いて話しをしましょう。

きちんと話しをしてくれない、悩みを理解してくれないなど、医療者との関係に悩まれる声を耳にします。確かに、そういう医療者もいるかもしれませんが、今一度うまくコミュニケーションをとるために、短い診療時間でも、ちょっとした工夫でできる、気持ちを上手に伝えるヒントをご紹介します。

時間を有効に活用するために聞きたいことを整理しましょう。そのためには、まず、体の状態を知らなければなりません。病状や治療経過をメモや患者手帳に記録して、それをもとに、主治医と話してみましょう。主治医も一目で病状を確認できますし、質問も要点をおさえたものとなるでしょう。

そして当然のことですが、説明がわからないときや意見が食い違ったときでも、冷静に理由を聞くなど、気持ちよく話しをするよう心がけましょう。

治療法の選択

  1. 説明は、家族や親しい方と一緒に聞くとよいでしょう。
  2. 納得がいくまで質問し疑問を解決しましょう。
  3. 説明された内容について家族や親しい方と話し合いましょう。
  4. 判断に迷った場合は、セカンド・オピニオンを求めることもできます。

がんと診断されたら、体の状態、経過、治療方法について、主治医から説明があります。今後にかかわる大切な話し合いですから、家族や親しい方と一緒に説明を聞くようにしましょう

しかし、治療法を選ぶのは患者さん自身です。安心して治療を受けるためにも、納得がいくまで質問して疑問を解決し、家族や親しい方とも話し合いましょう

もしも、主治医と意見が異なったら、主治医のすすめる理由をくわしく聞いてみましょう。主治医も何らかの根拠にもとづいて意見を述べているはずです。その上で、判断に迷った場合は、他の病院にいる専門医の意見(一般的に「セカンド・オピニオン」と呼びます)を求めることも手段の一つです

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ