看護や介護などのサポートを受けたい。

社会生活・活動に関して

  1. どのような社会生活を送るかは、患者さん自身の希望が優先されます。
  2. 各種支援制度を活用し、周囲の理解を得ながら、自分に合った社会生活を営みましょう。

どのように病気と向き合い、社会生活を送るかは、価値観、人生観、生活様式をもとに、患者さん自身が決定して構いません。ご家族や医療関係者は、患者さんの希望を尊重し、支援してくれることでしょう。

自宅での生活を優先希望する場合は、病院の医療連携室や緩和医療チームの関係者と、病状が悪化する前に相談しておくとよいでしょう。介護保険を使うときは、ケアマネジャー(介護支援専門員)に相談して、ケアプラン(計画書)の作成をお願いしましょう。きっと、自分に合った介護や看護についての情報が得られるでしょう。また、患者会に参加し、仲間と交流することも、治療へのよい励みとなります。

雇用や教育支援についての情報や助言が必要なときは、自治体の福祉、保健担当窓口に相談してみましょう。

関連リンク

ページトップへ