手足のむくみがひどい。

リンパ浮腫の予防

  1. リンパ節がなくなり、リンパ液があふれておきるのが、リンパ浮腫です。
  2. むくみ、手足を動かしにくい、だるいなどの症状が現れます。
  3. 体を締め付けるような服装を避け、塩分の多い食事は控えましょう。
  4. むくみを感じたら、主治医に相談しましょう。

手術では、がんの移動(転移)を防ぐために、リンパ節も一緒に取り除くことがあります。

リンパ節は、組織からの排泄物が入ったリンパ液の通り道にあって、排泄物をろ過し、一時的な貯水池としても働いています。

リンパ節がなくなるとリンパ液があふれ出て、皮膚の下にたまり、ぶよぶよとしたはれた状態となります。これをリンパ浮腫と呼んでいます

むくみ、手足を動かしにくい、だるいなどの症状が現れるため、体を締め付けるような服装は避け、体液(体の水分)がさらに増えないように、塩分の多い食事は控えましょう

予防にはマッサージ治療も行われますが、専門家の指導が必要です。治療後にリンパ浮腫を予測できる場合は、主治医より軽減のための指導や説明を受けることができ、その際の費用には健康保険が適用されます。

また、リンパ浮腫の治療のために、主治医から弾性ストッキング、弾性スリーブなどの弾性着衣の着用をすすめられて購入する場合も保険適用となり、申請すると購入費用の範囲内(上限額が決まっています)で療養費として支給されます。

がん種別にリンパ浮腫のおきやすい部位を下の表にまとめてみました。むくみを感じたら、まず、主治医に相談しましょう

乳がん 上腕、下肢
子宮体がん、膣がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん 下肢

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ