「がん」って一体どんな病気?

がんは決して不治の病ではありません。希望と勇気をもってがんと向き合うには、がんのことを正しく、よく知ることが一番の近道です。

がんとがん細胞について

  1. がんとは、体の中の細胞の数を一定に保つ機能が働かなくなり、異常な細胞(がん細胞)がとどまることなく増え続け、正常な組織の中にも入り込んでいく病気です。
  2. がん細胞は、自分が増え続けるために、体に必要な栄養までも横取りしてしまいます。
  3. がん細胞は、体の中を自由に移動することができます。

人間の体は細胞の集まった組織により形作られています。そして、細胞が分かれて増えていくときに、組織が異常に大きくならないように歯止めをかける命令が出され、細胞の数を一定に保つ仕組みが常に働いています。

がんとは細胞の遺伝子が傷つくことでこの仕組みが働かなくなり、その異常な細胞(がん細胞)がどんどん増え続けていく病気です。がん細胞は、増え続けるために周囲の正常な組織の中にも入り込み、体に必要な栄養も横取りしてしまいます。最初にいた場所に入りきらなくなると、さらに居場所を求めて体の中を移動します(転移)。

しかし、がんは「不治の病」ではありません。医学の進歩は目覚ましく、よりよい治療法を見出す努力が今も続けられています。怖がらないで、がんの正しい知識を身につけましょう。

図:正常な組織の中にがん細胞が分かれてどんどん増えていきがんとなります

がんの種類(部位)

  1. 一般的に、がんの名前は最初にできた場所の名前をとってつけられます。
  2. がんの性質は同じ場所にできても違う場合があります。

がんは、体のあらゆるところにできる可能性があります。

体のほとんどの場所で、毎日、細胞は生まれ変わっています。古い細胞はなくなり、新しい細胞ができていくのですが、遺伝子の異常などにより、新しい細胞が増え過ぎないように歯止めをかける命令が突然止まると、異常な細胞(がん細胞)ができます。ですから、がんは体のほとんどの場所にできる可能性があります。

胃がん、肺がんなど、最初にできた場所の名前をとって呼ばれるのが一般的ですが、血液にもがんはでき、その一つが白血病です。

がんの性質は場所によって異なりますが、同じ場所にできても性質が違う場合があります

また、他の場所へ移動し、そこで増え続けても、最初にできた場所での性質をもち続けます。

このように、がんは種類が多く、性質も異なる複雑な病気ですが、がん検診などで「がんの疑い」を指摘されたら、早く専門医にかかり、検査・治療を受ければ、治すことのできる病気です。

図:正常な組織の中にがん細胞が分かれてどんどん増えていきがんとなります

がんの進行とそれに伴う症状

  1. がんは病気の進み具合を目安に「早期がん」、「進行がん」、「末期がん」に分けられます。
  2. がんが進むと様々な症状が現れます。
  3. がんを「早期がん」の段階で見つけることで、早めに治療することができます。

病気の進行を表す場合、進み具合を目安に一般的に「早期がん」、「進行がん」、「末期がん」に分けられます。がんの種類によっては、0期、1期、2期・・・と「期」で表す場合もあります。

「早期がん」では無症状の場合が多いのですが、「進行がん」、「末期がん」と進んでいくと、しだいに重い症状が現れてきます

なので、がんは小さいうち、「早期がん」の段階で見つけ、早めに治療することが大切です。治療には手術でがんを取り除いたり、薬や放射線でがんを小さくしたりするなど様々な治療法があります。がんが進んでも治療法を組み合わせたり、新しい治療法を用いたりして効果を上げているものもあります。

下の表にがんの進み具合と症状をまとめました。思いあたる症状がある方は、早めに専門医に診てもらいましょう。

早期がん 進行がん 末期がん
出血や、しこりや不快感を感じる場合がある。 がんが周囲や離れた場所に移動(転移)している、または転移の可能性が高い。痛みを感じたり、食欲がなくなったり、体重の減少、疲労感などがある。 場合によっては呼吸困難や大量出血がみられる。

関連リンク

※リンク先のウェブサイトは中外製薬株式会社が運営するものではないことをご了承ください。

ページトップへ